HOME > トラブル事例集 > 005 クーリングタワー煙を吸い込む

トラブル事例集

005 クーリングタワー煙を吸い込む

対象建築物

ホテル

構造・階数

鉄筋コンクリート陸屋根造地上4階・地下1階

延べ面積

1,650㎡

施工期間

-

工事費

3億2,500万円

現象

完成して3年後、突然冷房装置が運転不能となった。

原因

建物塔屋の煙突がクーリングタワーの直近に位置する設計のため、風向きにより煙突から吹き出される亜硫酸ガスを含んだ煙がクーリングタワーに吹き込まれた結果、配管及び凝縮器の銅管に腐食が発生したもの。

賠償額

3,500万円(全額保険対象)

補修内容

煙突の高さを変更すると同時に、腐食した配管を交換した。


Copyright © 2018 有限会社日事連サービス All Rights Reserved.